ゲストハウス再開に向けた私のヤル気とゲストハウス経営の魔力

0

すっかりブログも更新頻度が落ちてしまいました。

宿泊業界のニュースにも食思が動かず(笑)

なんか最近ブログも更新しなくなってしまいました。と言うのは、なんか書きたい事が無いって言うか、書きたい衝動に駆られないんですね。楽天ライフルステイの事とか、ねっぱんとAirbnbの事とか書きたいし、他にもいくつか書きかけのままになっている記事はあるんですが。
今までの私だったら、先日のとある宿がツイッター上で炎上した事とか多分すぐブログに書いてたと思うんですが、なんかあれを見てもブログ書こうって気力が起きなくて。
とある有名な民宿の方が、とても詳細に、かつ肯定的にあの炎上事件をブログ記事にされてたのを読んで激しく同意したので、これ以上私レベルが何を言うんだ?って思ったのもあったり。

炎上した宿の宿主さん、実際はとても評判の良い方だそうです。ただ、ネット上の最近の風潮を読めてなかったという。こんなブログなんかまさか見てないでしょうが、某Yホステルさん、災難でしたね。遠い千葉から応援しております。

という事で話が反れましたが、そんな「ブログを書きたい衝動」の欠如理由は多分、ゲストハウスから離れてしまったからだと思うんです。

2月からゲストハウスを休止し、一棟貸し宿へとシフトした事で、頭の中が一棟貸し宿の運営の事で一杯になってまして。

3月になってちょろっと一棟貸しにもお客さんが入ったので、ゲストハウス時代にはおろそかになっていた宿のリフォーム未実施部分とか、気になる所とかも毎日直してたというのもあり。そうすると新たな問題や修繕箇所を見つけるワケで、もうイタチごっこ(笑)。
その上一棟貸し、6月に200平米以下に規制緩和になるってもんだから、100平米以下にするため無理やり塞いだドア外してああしてこうしてムフフ…とそっちばっかりアタマが行って、肝心なゲストハウスの移転先のリフォームはほとんど手付かず状態で。

次のゲストハウス予定物件の再開の目途と私のヤル気

次期ゲストハウス予定の物件、諸々諸事情から民泊新法で行く予定で、県からは多分OKとの見解を貰い、建物のもついに表題登記が完了し(未登記でも良いって書いてあったのに県が難癖つけやがって…登記費用俺持ちなんだよ!宿泊費30人分くらいかかったぞ!)、消防からも「家主さん不在にならなくて宿泊室が50㎡以下なら色々緩和されてますから、出来たら相談に来てくださいね。」と好意的に言われ、後はリフォーム作業次第なんですが、そんなワケで最近アタマがゲストハウスモードにならなくて全然進まず(笑)。

とは言え、ふとした瞬間に強烈にゲストハウスの宿主に戻りたくなる瞬間ってあるんです。それはよそのゲストハウスのブログやツイートを見ている時だったり、最近では南房総はシーズン真っ盛りで、一人で歩いてる旅人っぽい人や、荷物満載のライダーチャリダーさんを見る度、「うおー彼らはまさにゲストハウスを欲してるはずじゃぁ!ああいった方々が泊れる宿は南房総にやはり必要なんじゃぁ!」と、その人が泊り客なのかも分からないのに一人で妄想し興奮している時など、ゲストハウスやりたい欲が我慢できなくなるのです(笑)。

そんなゲストハウスやりたい欲がちょこちょこ顔を出すと同時に、前述のように建物の登記が完了したもんだから、いよいよゲストハウス移転に向けて真剣にならねば!と思っての第一歩としてのブログ更新となります(笑)。ヤル気45%くらいになりましたよ!(笑)

とは言えゲストハウス再開の可能性は100%とは言えず…

私のヤル気は充電されて来たとは言え、懸案事項は依然としてあったりして。

今回県に言われるままに建物の表題登記を行い、多分これでイケるハズなんですが、以前ブログに書いた通りなんかこの建物色々アレで。まあ昭和50年代前半の建築なんで、当時の南房総、いや日本ってきっと色々今の目で見たらあり得ないずさんさだったんだろうから仕方ないよなぁ、って感じなのですが。なのでそこが引っ掛かったらまた多額の費用が…。そうなったらそこまでしてこの場所に拘る必要もなくなるし。
というわけで最終的にゲストハウス再開にまで至れるかは未知数なワケです。

まあ最悪リフォーム全部完了したのに届出受理できませんてなったら、その時はどうするかまでチョロっと逃げ道を考えてまでの挑戦なので良いっちゃ良いんですが。借金はしない予定なんで逃げられなきゃ私が大損こいて終わり、ってだけのハナシなんですけどね。

逆に6月から建築基準法の建物用途変更の基準が200平米未満に規制緩和されるので、そうしたらまた正攻法で正面から建築課へ行って、「200平米になったよね?ならコレもうフリーパスで良いよね?」って言ってみようかな。意外とOK出たりして。出ねぇか。


合計床面積186.61㎡!夢の100㎡超え物件ですよ(笑)

ゲストハウス経営の「魔力」

先日ツイッター上で「ゲストハウスの魔力」という事が話題に上りました。どうもゲストハウスってのは一度経営するとアリ地獄のように抜け出せなくなる魔力を秘めているという(笑)。確かに私も一棟貸し宿へシフトしたにもかかわらず、結局また「移転」というカタチでゲストハウスやろうとしてますからね。

なぜここまでしてゲストハウスを再開したいのか?一棟貸し宿1本で良いじゃないか?と思いますよね。私も思います。でもゲストハウスやりたいんですよねぇ。

で、先日「魔力」なんてお話をしたことで、改めて、「なんでおれゲストハウスに拘ってんだ?てか何でみんなゲストハウスやりたがるんだ?」ってのを深く考えてみようかなと思いまして。

という事で次回はその「魔力」について、なぜゲストハウス経営には「魔力」が潜むのか?という事を掘り下げてみたいと思います。暇なときに(笑)。

0