クラファン否定派の私にも見えた、クラファンで成功する人しない人

1+

いつまで続くか新型コロナ騒動

日本の対応、是非は別として予定通りじゃね?

新緑の候、働いたら負けが正当化されるこのご時世、皆様方におかれましては意気消沈が続いている事とお察しいたします。

さて、国からの持続化給付金がいよいよ本当に給付されはじめ、こんなにサクっと金出すとはこりゃ本気で長期化させるつもりなんだなと思っちゃいますが、まあ当初言われた医療崩壊をさせずにピークをずらし収束に向かわせるという方針通りに事はちゃーんと進んでおり、まあマスコミはじめ色々ギャーギャー言う人はいますが、この辺は安倍ちゃん評価してもいいんじゃないですか?

まあ、この方針は、商売やってる方としてはたまったもんじゃないですけどね(笑)

そんなわけで先が見えないのに仕事もできないので、どこも苦しいのは当然でして、藁にも縋る思いで始める物の一つがクラウドファンディングなワケです。

お涙頂戴クラウドファンディング花盛り

私以前から言っている通り、クラファン大嫌いです。クラファンが嫌いってか、意義のないクラファン、独りよがりなクラファンが大嫌いなんです。

そもそもクラファンが流行り出した時の最初って、利益にはならないから営利企業はやらないけど世の中には必要な事だったり、多くの人に需要があるし作る技術はあるけど資金が調達できないような物づくりを頑張ってる人へ、自らも受益者となるので共感の気持ちで支援をしよう!ってのが本来の意義だったように思います。

それがいつからか、まあ一言で言えば「乞食」ばかりが跋扈する物へ成り下がってしまった感があります。ポルカなんていう乞食行為推奨アプリまで出て来て、ああこの文化も終わったなと思いました。さすがにポルカは10月でサービス終了らしいですが(笑)

某クラファンサイトは過去最高益とかなんとかニュースになってましたね。いやはや、何も言いますまい(笑)

クラファンを傍観者として見てて見えて来たもの

そんなあちこちで繰り広げられるクラウドファンディング合戦、否定派な私も色々なゲストハウスが始めるクラファン、結構チェックしてるんです。
コロナ騒動以前からチェックはしてたんですが、この騒動でクラファン開始する所が沢山あったんで、さらにチェックしまくってます。

そうすると、以前からおぼろげには感じてましたが、結局知らない宿とか人がやってるプロジェクトなので想像はしても遠くの事でリアルには感じられなかった「ある事象」が、ネット上で知ってる・よく見る宿がクラファンを始めて、それが成功したり失敗したりするのを「実感を伴って見えた」事でその想像がハッキリと確信になったと言うか、見えて来たものがありました。

それは何か。知りたいですか?知りたいですよね?それでは見てみましょう!
うーん、結局の所確実な情報はありませんでしたね!今後も注意して見て行きたいですね!
いかがでしたか?ちなみに私の使っているクラファンのサイトはここです。(アフィ広告ドーン!)
※クソみたいなまとめサイトのマネ

いや冗談はさておき、今回そんなんでクラファンについて常々思っていた事について、まさにYAWP!Backpackersのタクロウさんがブログでズバッと書いてらっしゃったんで非常に共感しまして、タクロウさんが書かれている事についてその具体例をあげて見て行きたいと思います。まず下記のタクロウさんのブログをご覧になられてから、こちらへお戻りいただけると幸いです。

「恩で買って」は愚。「価値と信頼を売る」のが賢。
始めに言っておきますが、今回の記事は二アリーイコールで、小日本のY教授への決別宣言です。僕から決別をすると言うよりも、彼がゲストハウス業界から出て行く判断をしたわけですけどね。別に彼のフェードアウト宣言を待っていたわけではないのですが。「サヨナラの挨拶代わりに、言いたい放...

クラファン、成功する宿と失敗する宿

成功と失敗の定義

まず何を持って成功とするか失敗とするかというのがありますが、まあ単純にプロジェクトが目標額に届かなかった、目標額が低かったにもかかわらずトントンでゴールした、というのを「失敗」と言って良いのではないですかね。

逆に高額な目標額なのに無事達成したプロジェクト、ネクストゴールなんてのを設定したプロジェクトは間違いなく「成功」として良いですよね。

これを踏まえて、その「成功」と「失敗」の分かれ目は何だったのか、私の見えて来た、感じた事を書いていきたいと思います。

あくまでクラファン否定派の私から見た個人的に感じた「景色」ですので、マネしてクラファンはじめて支援1件とかで終わっても責任は取りませんからね~(笑)

成功した宿がやっていた事

事例1 T県の某有名宿(支援額430万円超)

ここは老舗で、口だけのキラキラがドヤって言ってるような事をもう10年も前から実際に行い、結果を出してきた方達が運営する宿です。「場づくり」「地域」系の草分け的な宿ですね。

クラファンの内容も、生き残りたいではなく、従業員の人件費に全額まわすとの事です。更に経営側の苦しい点、反省点がちゃんと書かれており、矛盾点がありません。
スタッフを愛しているのは経営側だけではないようで、なんとリターンにスタッフとの交流もあり、そこそこの方が支援している事からも見て取れます。全てにおいて信頼が見て取れますね。

今まで出してきた圧倒的な「結果」があり、そうして会社にファンが付き、スタッフにファンが付き、今後の未来も信じられる。無くなって欲しくない!と思ってもらえる。
タクロウさんがブログで言う所の「信頼」を地で行ってますね。その結果が今回のこの支援者450名超、支援額430万円超という数字に表れていると感じました。

まだ5/9現在クラファン中なので、最終的にいくら集めるのかが注目されます。

事例2 S県の某コンセプト宿(支援額150万円超)

こちらは一風変わったコンセプトで運営するゲストハウスです。まだ開業されて2年くらいですが、そのコンセプトからか既に根強いファンに支えられているようです。
なにせ宿主さんのその道に対する想いは相当なようで、なんと更にコンセプトをドープでコアなものにした2店舗目を目指してらっしゃるとの事で、その資金にも回すそう。そりゃファンは歓喜でしょう。

こうなったらファンは支援せずにはいられませんよね。
コンセプトをより煮詰めた2号店開店という同じ「夢」をファンと共有しているからこそ、ファンもその「夢」を叶えたいから支援しますよ。前向きですもん。

開業2年で支援180人超、支援額150万円超は本当に凄いと思います!

事例から見える事

やはりタクロウさんがブログに書いている通りなんですが、上記2つを成功例として参考に出しましたが、これらクラファン成功宿って、やはり今までにファンとなってくれた人達へ、体験だったり居場所だったり、宿主の愛されるキャラだったりと、「推し」たくなる何かを既にクラファン開始前、てかコロナ騒動前からコツコツ提供し続けていたんですよね。
今までブレないコンセプトがあって、一本気に筋を通してきたからこそ、同調する多数のファンを獲得するに至ったんだと思います。そんなファンたちは、ピンチになれば真っ先に支援してくれるでしょう。

“未来に恩返しをしてくれそうか”が求められるのではなく、“過去に何をしてくれたか”が問われるわけですよ。

タクロウさんのブログからの引用ですが、この通りですね。今までファンがつくほどの価値を提供してきたからこそ、宿が困った時に今度はファンが助けてくれた。それ以上でもそれ以下でもないです。

もちろんいくらコンセプトが良くても自己中にやってたらファンなんてつきませんから、上記の宿は筋は通しながらも、お客さんへの価値の提供、共感してくれる人への肯定的な対応などきめ細やかにやっていたであろうことは想像に難くありません。まさに「信頼」がくれた「恩返し」ですね。

それでは失敗例も考えていきたいと思います。

失敗する人がやっていた事

事例…、いやそんな書けませんってw

いやーいくらなんでも失敗例を具体的には書けませんよ。そんな死体蹴りできません。まあ探せば支援額で一目瞭然ですけどね。クラファン、終了してもプロジェクトのページがずーっと残るの、残酷だと思います!(笑)

失敗するプロジェクトって見てると共通点がいくつもあるんです。とりあえず列挙します。

  1. 自己中、独りよがり
  2. 筋が通ってない
  3. 顔が見えない
  4. そもそもファンがいない
  5. アピールが足りない

これだと思います。ではひとつづつ細かく挙げていきますね。

1.自己中、独りよがり

これ、キラキラした連中とかに結構いますけど、なーんか別に需要も無いのにさも自分のやってる事はとても社会的意義が高く、皆が認めて当然な物だ、ってなってる人多いんですよね。
いや需要ねーし、ファンもいねーし、既に何人もやってるし、で糸冬了~です。もっと客観的に自分と周囲を見つめましょう。

あと、自己中とちょっと違いますが、いきなり全国のゲストハウス文化が!とか、ホテル業界は!とか突然代表者ヅラする人もよくいますけど、あれも何なんですかね。あんたらだけが「業界」じゃねぇんですけど…ってなります(笑)視野は広く持ちたいものですね。

2.筋が通ってない

これも結構問題視されてますよね。今回タクロウさんのブログでも指摘されてますが、ゲストハウス支援としてクラファンを呼び掛けたのに、突然発起人の宿がシェアハウスになってしまうというまさかの展開。

未来の宿泊券とやらを売っているんですから、売り出した時点で提供した物を後で変えちゃったらそれ詐欺に近いと思うんですが…。いくら個別に泊れるとは言っても、ゲストハウスに泊まり行くのとシェアハウスに泊まり行くのじゃ、全くワケが違うと思うんですが。

今回のコロナ支援クラファンに否定的な方達から、自身がクラファンをやらない理由としてこういった「支援者へ現状のサービスを提供できる見込みがあると約束できないからクラファンは出来ない」という意見もいくつか見ました。正論です。そういった方の宿はちゃんとお客さんと信頼が築けている宿なんでしょうね。

まあ以前から、クラファンやるだけやってロクにその後プロジェクトを推し進めずドロンしたヤツ、多いですからね。てかクラファンじゃなくとも、不義理をしてはいけませんよね。当たり前の話です。

3.顔が見えない

これもよく失敗してるプロジェクトにありがちですよねぇ。

物質的に顔が映ってないどころか、どこのどういった誰がやってんのかすらよくわかんないプロジェクト、ありますもんねぇ。

まずどこの誰かはっきりさせて、話はそこからじゃね?って感じします。顔出し名出しもせずに成功するほど甘くねぇぞと。それはSNSでも一緒ですよ。下のアピールにも通じますが、主な拡散はほとんどSNSでしょうからね。

4.そもそもファンがいない

従前の3ともつながるんですが、既存のファンがいないのにクラファンやったって無理でしょう。成功してるプロジェクトは例外なく既にあった支援の輪があります。それが「お金」になって見える化されただけです。

なんか、流石に最近は減ったでしょうが、一時期はたいそうなお題目唱えればクラファンが成功すると思ってる連中がかなりいましたよね。それで行ってる事は場づくりだの地域おこしだのありきたりの事ばっかり。「地域と旅人の交流」とか、手垢どころか消毒しないと触れないほど汚染されちゃいましたよねw
今回はそれが「新型コロナウイルスによる休業中の支援」になっただけですね。

まず何かしたければ、自分の周囲から固めていかないと、いざってとき支援なんか集まるわきゃないの、普通に考えればわかるでしょうに。常日頃からの地道な信頼関係の構築、大事ですねぇ。

5.アピールが足りない

クラファン、あれって初速が大事なんですよね?もうプロジェクト始めたからには、友人知人にヤラセでも何でも頼み込んで、最初の20人10万円くらいは初日でいかないとキツイんじゃ?とか思います。

事ある毎にツイッターやブログ、Facebookとか、友人知人お客さん、みんなにややしつこいくらいアピールするのは必要だと思うんですよね。そしてプロジェクト中はこまめにクラファンのページやブログ、SNSで近況報告や交流をしないと。成功例2のお宿さん、ツイッターで結構色々な方とリプし合ってたの見かけましたし。
やったらやりっぱなしで勝手に探して支援してくれるほど、みんなヒマじゃないし興味もありませんから。今なんて同じようなクラファンが筍状態になってるんだから、余計そうでしょうに。

まあアピールしすぎて反感買ってる人もそれなりにいますけど、やらないよりはマシですかね(笑)

その他

まああと見ててですね、宿のクラファンなら、OTAに出してもおかしくない位の綺麗な写真が欲しいですし、何かしてる風景なら、みんなで楽しそうに笑顔の写真が欲しいですよね。
文章も何言ってるかちょっと分かんないのとかもあるし、あーこれじゃ失敗するわけだよ、センスねぇなぁ…っての、結構ありますから。

まとめ

結局最後は「信頼」ですね

やっぱりクラファンひとつ取っても成功する人しない人、言える事は今までどれだけ人としての魅力を上げ、信頼を得て来たかって事なんじゃないですかね。クラファンはお金集めだけじゃないって意見見ますけど、だーれがいちいち個別のクラファンのプロジェクトのページ開いてわざわざ文章読んで、わーっざわざ支援金を振込みますかっての。だーれも見ちゃいませんよ。見てるの私みたいな興味あるヒマ人くらいなもんですよ。まあずーっとページは残るから、なーにかで引っ掛かって見る人はいないとも限りませんけど。

結局コツコツと自分のやりたい事をやって、回りにそれが広まって、取り巻きが増えて、そうしてある意味一つの「クラスタ」ができてくると、そこからは加速度的に広まってく。
地域おこしにせよ起業にせよ、何でもプロジェクトってそういうもんなんでしょうね。

そういったベースがないと、クラファンは成功しないとも言えるでしょうね。
成功の決まり手としては、その既にある「信頼」を伝手に初速でウン十万ドーンと支援額を詰み、各種SNSなどでアピールも欠かさず行う。勿論プロジェクトは第三者から見ても真っ当で支援したいと思わせる共感性、魅力あるもの、また「人」が行う物。これが王道な気がします。
もう近しい人ならプロジェクト開始の前に成功するか失敗するか見える気もします。

結局、人ったらしだろうとなんだろうと、「信頼」ってのが大事ですね。クラファンは人に「推」されてナンボって事です。

僕がやってみたところで、支援3人、額15000円とかでフィニッシュでしょうしね・・・

再びタクロウさんのブログより引用。いやタクロウさんならもっと多いでしょう!私だったらそんなもんですよw

てかそもそも論、タクロウさんや私がクラファンなんかやったら、血迷ったのか!幻滅した!って人が沢山でますよ(笑)。まあ、そう言われそう~って顔が何人も思い描けるのも、ある意味信頼関係を結んでくださってる方達って事ですから、ありがたい事です。

てかさぁ、人間としての魅力だの信頼だの、タクロウさんや私に言わせんなよ…。
こんなのキラキラや意識高い高いな連中今まで散々言ってたじゃねぇかよ。今までそういう発信してこない、むしろそんな発信ばかりする連中をディスってた私らにこんな事言わせるとはホントwねぇ?

では今クラファンやってる所はガンバってくださいね。支援はしませんけど、見るだけ見てますから!

追伸

深夜の勢いで言いますけどね、今日5月10日ですが、あと一週間くらいですか?40?50?相当な軒数束ねてるんですよね?マジもっとガッツリ頑張って下さいよ。
参画してらっしゃるお宿さんたちも、主宰のケツ叩いたり、自分でも是非アピって下さい!
私色々Disってますけどね、正直一軒も潰れてほしく無いんですよ。参画してるお宿さんの中に、SNSとかでお話させてもらったり、ネット上の顔見知りのお宿さんもいるんですよ。
背負った宿の事、責任持って下さいね。応援はしませんけど、最後に義理は通して濁さず去ってもらいたいと切に願います!

1+

『クラファン否定派の私にも見えた、クラファンで成功する人しない人』へのコメント

  1. 名前:よーぷタクロウ 投稿日:2020/05/10(日) 13:38:52 ID:268c5daa4 返信

    ご紹介を、ありがとうございます。

    >タクロウさんや私がクラファンなんかやったら、血迷ったのか!幻滅した!って人が沢山でますよ(笑)。まあ、そう言われそう~って顔が何人も思い描けるのも、ある意味信頼関係を結んでくださってる方達って事ですから、ありがたい事です。

    おっしゃる通りです。僕がやったら支援3人&15000円が限界でしょうが、ヤシロさんならば5人&16000円くらいには届くと思います!!

    0
  2. 名前:TateyamaWheelsGuesthouseヤシロ 投稿日:2020/05/10(日) 13:58:56 ID:b70f65cf7 返信

    コメントありがとうございます!こちらこそ引用させてもらっちゃってありがとうございます!

    いやせめて2万円行かせて下さい!タクロウさんのクラファンにも5人くらいヤラセで送りますから!(笑)

    0