コロナのせいでおかしくなったゲストハウス業界の問題を考える

2+

ゲストハウス、夏をあきらめて

さあムシムシと熱くなりました。そろそろ夏ですねぇ。
例年ならお客は来ないわ梅雨で鬱陶しいわだけど、梅雨が明ければ夏!という先の見えるモヤモヤの時期ですが、今年は例の新型コロナのせいで先が見えぬまま、てか夏の可能性すら閉ざされたまま梅雨入りしてしまうという、最悪の夏になりそうですね。研ナオコですらここまであきらめてはいなかったと思います。
現にこちらも海水浴場は不開設、ウワサでは花火大会も中止だそうです。新型コロナに夏が殺された…

さて、というわけで夏の可能性はいいとして(よくねぇけど置いといて)、新型コロナのせいで早くから可能性が閉ざされてしまったのがドミトリー宿ですね。主に旅宿、つまりゲストハウス、ホステルですね。

ゲストハウス、いつから再開しましょうかね。インバウンド主体のお宿さんは当面無理ですよね。
日本人メインのウチはどうだろう。まあ前から書いてる通り、再開するなら以前通りしかありえない、対策講じるならゲストハウスの看板は下ろす、という方針なのですが、あれだけ夜の街夜の街言われちゃうとねぇ。正直ゲスト同士の近さは夜の街レベルですし、実際夜営業だし(笑)

ゲストハウスの看板下ろして、交流を廃して民泊営業しかないかなぁ…。

ゲストハウス、生き残りをかけて。しかし…

そういうワケでゲストハウスは多分どこのお宿さんもどうにも首が回らない最中だと察しますが、あの手この手でやはり少しでもヒゼニを、と皆さんなるわけで、色々な物が出てきました。

未来の宿泊券、グッズ販売、プロデュースやコンサル(オンラインでのサロン、セミナー含む)、オンライン宿泊etc…

まあグッズ販売はやってる所はやってたワケで、その延長線上と考えれば特に問題ないかと思いますが、問題なのは他の全てですよ!

何が問題なのか「ゲストハウス警察」の目線から一つ一つ見て行きましょうかねw

未来の宿泊券の問題点

これまず、なんで潰れない前提なの?ってのありますよね。夏をあきらめなければならない状況ですよ?研ナオコですよ?桑田佳祐ですよ?←しつこい
ただでさえインバウンド全滅、国内需要低迷な上に三蜜を避けろだの、新しい生活様式だの言われてて、全部をモロに食らってるドミトリー宿が潰れない保証ってどこにあります?潰れちゃったらどうすんの?返金ちゃんとする?
一番最初にやった所は数十の宿が参画し、その後も続々クラファンに参入してやってますけど、ホントに全部のクラファンお宿さん方この渦中を乗り切れるの?って思います。

そして、仮に頑張ってこの渦中を乗り切った所で、その客たちからはもう金もらっちゃってるんです。ヒゼニが入らないお客でわいわい賑わったところで、嫌な話ですがヤル気でます?これは多数の方が指摘してましたよね?未来の宿泊券ならぬ、未来の利益前借り券ですよ。

某有名インフルエンサーの女性までこの流れに参入して、そこに続々各地のゲストハウス含めた宿が参画してますが、あの方のはもともと「反OTA」って事でやりはじめたんじゃなかったん?
「ウチらのシャレオツなコンセプトはOTAじゃ伝わんねぇし手数料抜かれんの気に入らねぇぜ!だから自前でやらせていただきます!」だった気がして、それってゲストハウス業界も常々思ってる事だったから、どうなるかとその漫画のNANAを彷彿とさせるような(読んだ事ねぇけど)パンク風DIY反骨精神すら感じられる展開に微妙に興味あったんですけど、これじゃあねぇ…。まあ苦しいんでしょうけどさ。

グッズ販売の問題点

これ特に問題ないですけど、原価のわりに利益乗せらんないし、送料とかどうすんの?ってのあるしで、手間の割りにそんなに儲からないって事だけが問題ですかね(笑)
そして宿自体にファンがいなかったり有名だったりでは無い場合、全く売れないと(笑)

問題それだけですね(笑)
不良在庫抱えないよう注意が必要です(ウチはTシャツ沢山余ってますwww)。

プロデュースやコンサル(オンラインでのサロン、セミナー含む)の問題点

これ一発で論破ですよ。

「まずご自身の宿の収益を改善してから他のお宿に手を出しませんか?」

これだけです。

てか、このどこも青息吐息で先が見えない状況なのに、よくもまあ業界の「明るい未来」を語れますよね。

オンラインサロンも開業セミナーも一緒ですよ。まあ以前からやってた所は良いとして(よくねぇけどさw)、なんか去年くらいから、儲かんないからか知りませんが、そういう事に手を出した宿ちょいちょい見かけません?

ここではね、そういう、本業が儲かんないからコンサル業に転向した宿も問題だとは思いますが、それよりね、そんなのを依頼したり受講したりする人に対して苦言を呈したいと思いますよ。

あー、なに?教わらないと分からない人もいる?資金繰りの方法知りたい?立地のポイント知りたい?申請とか分からない?稼働率とか食ってけるかとか不安?不動産購入時のコツを知りたい?コンセプトが曖昧だから人の意見聞いて輪郭をハッキリさせたい?運営後どうしていいか不安?そもそもおぼろげに先々宿やりたいな~としか思ってないから勉強だけしときたい?一緒に頑張れる仲間が欲しい?ああそうですか。
こんなん自分で書いててウケるわwww

そもそもですね、「ゲストハウスなんて他人に教わってやるようなモンじゃねぇんだよ!旅人をもてなす!それだけだろが!相談する先はセミナーじゃ無くて保健所と消防と銀行と不動産だ!」ですわ。

もし他人におんぶにだっこで開業してさ、開業後につまづいたらまた誰かに金払って聞くの?経営が怪しくなったらコンサルにいちいち教えを乞うの?そんなゲストハウスってやってて楽しい?

私前職で精神科の看護師だったとは前の記事で書きましたが、患者さんのレクリエーションの担当してた事ありました。要は遊び、息抜きを提供してたんですね。
私にレクの運営を指導してくれた先輩は20年からのキャリアがある方で、常々「スタッフが楽しまなければ患者は楽しめない」とおっしゃられておりました。ゲストハウスも同じだと思います。
※これはあくまで「仕事として楽しむ」わけで、ゲストと一緒になって飲んで騒いでやりっ放し、という事ではないですからね。「楽しませることを楽しむ」と言うか。分かってるとは思いますが一応(笑)

宿主が不安に苛まれてて、誰かを教祖のように崇めてるゲストハウスなんか泊まりたくないっすよ。宿主は常に旅の楽しさを「演技」しないといけません。これも看護師と共通です。「看護師は役者であれ」と教わりました。その細かい意味は割愛しますが、言いたい事は一緒です。

仲間が欲しい?このネットやSNS全盛の時代で、簡単に各地の宿主さんと繋がれる時代に仲間?ここだって下のコメント欄開放してんぞ?飛び込むか飛び込まないかはあなた次第です(笑)。ただ、飛び込んだ先が必ずしも心地よい世界とは限りませんし、飛び込み方も重要ですね。最近距離感おかしい人多いですからねw

てかそもそも、高い金払って他人に教わるのは否定しませんけど、そんな金あるならゲストハウス全国行脚して各地の宿主に色々聞いて回った方が5000兆倍役に立つと思いますけどね。まあボーっと回ってもしょうがなくて、色々見るポイントややりたい宿の軸は持ってるべきですが。それが無い人はオンラインサロンなりセミナーなり行けばよろしいかと。まあそんな人はそもそも開業すらできないでしょうけどね。

まあしかし思うのは、こういうのは他人に教わりたい、教わらないと不安って人、一定数いるんでしょうね。日本の教育の弊害なのかなぁ…。そういう人は会社勤めに向いてて、ゲストハウス経営、てか自営業に向いてねぇ気がするんだけどなぁ…。まあいいや、これ以上他人の商売の邪魔しません。以上!(笑)

オンライン宿泊の問題点

これねぇ…。もう旅宿の自殺ですよ。旅行そのものを否定しちまったんですから。
前回の記事で、オンライン飲み会とか寒ーい、キモーいと書きましたが、その上位ですね。バラモス倒したらゾーマ出て来たみたいな。もっとヤバイやつ出て来たぞと。

こちらの記事でマイクロツーリズムについて否定的に書きましたが、根っこはこれも同じです。また書くの面倒なんで当該記事から引用しますが、

それに、やっぱりヨソが良いんですよ。結局旅行なんて行っても似たような温泉入って似たような旅館の飯食ってって、みんなやる事は一緒なんですが、知らない土地でやるからこそ良いんでしょうが。
微妙に地元と違う、空気感、生えてる植物、道路の看板、見慣れぬチェーン店、町の匂い、言葉遣い、車のナンバーetc.…そんな些細な違いを楽しむのが旅行と違います?

これですよ。旅しないなら別にゲストハウスじゃなくても良いじゃないですか。出会い系と何が違うんですか。
てか、本気のバックパッカーがオンライン宿泊とかしますかね?しない気がしますが。
コロナ終わったら速攻旅すんぞってウズウズしてんのが俺達ゲストハウスの顧客層じゃないんかな?違うん?オンラインで来る人って旅人なん?ワケわからん。そのまま政府のムーンショット化計画に飲み込まれてくださいなって感じですわ。

知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい♪って歌ありましたが、これが全てじゃないの?知らない街、知らない道で頼れるのは自分だけ、誰も俺の事なんか知らねぇんだっていう、あの不安感って割とゾクゾクしません?そしてそんな孤独の束の間のオアシスがゲストハウスじゃねぇんかい?俺の言ってる事間違ってます??

余談、そんなオアシスであるゲストハウスでの交流はかけがえのない物であり、そんな旅の不安感の中での優しい地元民との出会いはプライスレスなのですが、そこばかりに過剰にスポットを当て、それを地域おこしと絡めおかしくしてしまったのが今の日本のゲストハウス界の現状だと思っています!(ゲストハウス業界を毀損したもう一つの勢力、投資家、起業家界隈の話ってのもありますがそれはまた今度w)

さあ閑話休題、ってか閑話にしては赤字で強調してしまいましたが、そういうわけで、オンライン宿泊は無しでしょう。参加者はそれなりにいるみたいですが、その中にどれだけ旅人がいるのやら。

そういやツイッターでオンライン宿泊について検索したんですが、かなりの数否定的なツイートがありましたよ。当たり前だよなぁと思いましたが。てか私、画面に人の顔が沢山並んでんの単純にキモチ悪いんですけど、みんなそうじゃないのかなぁ…。

あ、どうせやるなら、誰もゲストいなくて共用スペースに一人の夜とか、満室なのに誰もベッドから出てこない夜とかも再現してくれりゃリアルですよねwww
まあそんなのに誰も金払わねぇか。でもそういう「残念」な事もリアルな旅の醍醐味なんですけどね…。

結局ゲストハウスは変わる必要無いって事ですね

さあまたクソミソテクニ…じゃなかったクソミソ書いてしまいましたが、まあ、いいんじゃないですかね。こういう事される方達って「変化が大事」とか「時代に合わせて」とか言うじゃないですか。それはそれで良いと思いますよ。

それに、「このコロナでどこも大変なんだ!生き残るために色々やるのは当然だろ!」って反論もあるでしょうけどね。まあだったらこちらも言わせて貰えば、「では「ゲストハウス・ホステル」って言葉はそれに使わないで下さいね。その言葉は旅人のための物ですから。新たな顧客層の開拓やらオンラインに突き進んだりするなら、新しい宿の”概念”を考えていただければ幸いですわ」ですよ。

とか言って世界中のバックパッカーや北海道をブンブンしてたライダーとかが、こぞってオンライン宿泊に群がったら私らの敗北ですが(笑)
上記の変化がスタンダードになるか、それともコロナ渦の徒花で終わるか、全ては新型コロナ次第なのかもしれません。

でも向こうの勝ちは無いだろうなぁ。バックパッカーもライダーもチャリダーも18きっぱーも乗り鉄も全部全部の旅人達、みんな旅しないといられない「アナログ」な人達だからなぁ。

結局私たちは、今後もずーっとその「アナログ」を応援し、「アナログ」を大切にゲストハウスを守っていく、それだけですね。

ホント早くコロナ消えねぇかなぁ…。

2+

『コロナのせいでおかしくなったゲストハウス業界の問題を考える』へのコメント

  1. 名前:おはぎ 投稿日:2020/06/10(水) 17:37:06 ID:cdedf509e 返信

    じっくり読ませていただきました
    全く同意見ですね
    本当にコンサル、サロン、オンライン宿泊って。。。。

    下記でイベント立ち上がってます
    是非是非そんな奴らに突っ込んっほしいですね
    コンサル、サロンでよく聞くメンバーが今回出てます

    https://facebook.com/events/s/3%E5%AE%BF%E3%81%A6%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8B%E5%BA%A7%E8%AB%87%E4%BC%9A-vol5/2738163459794514/?ti=cl

    0
    • 名前:TateyamaWheelsGuesthouseヤシロ 投稿日:2020/06/10(水) 20:05:30 ID:adeccaaab 返信

      共感のコメントいただきありがとうございます!
      今回も言いたい事言ったんですが、結構共感してくれる方がいて、みんな同じ事思ってたんだと私も面白かったです(笑)。
      このイベントは有料なんですかね?業界の大御所さんじゃないですか。この方たちもコンサル系のことやってるんですか?
      あ、チャシバクさんは私ツイッターで繋がってます。上に書いたような事をするような方ではないと思いますよ!

      0