ボロ物件をゲストハウスにリフォームした実例

0

館山ウィールズゲストハウスがどれだけボロだったか

あんまりボロい所を公開してもお客様にドン引きされそうでメリットなんか無いんですが、DIYでこれだけキレイになりますよ、っていう実例として、ウチの共用スペースをリフォームする前と後をご紹介したいと思います。

共用スペース Before


これが去年のリフォームに取り掛かった頃の状態です。こんなボロかったんですよ。

これでもまだキレイになってる方で、これより前の写真は無いのですが、購入当時は壁紙が真っ黒に塗られ、所々壁紙がはがれてきったない状態でした。数年前までスナックを営業してたはずなのに。建物は使わないとどんどんボロくなりますね。


違う角度から。物が溢れているので、更に汚さに拍車をかけてますね。


階段踊り場部分は穴空いてるし。


これは階段を作っている所です。最初は階段が撤去され壁が塞がれたてたんですよ?意味分かりませんよね。


トイレの前もこの汚さ。お化けが出そうですね。

この状態のとき訪ねてきた仲間に、「ここ死体埋まってね?」「なんか憑りつかれそう」とか散々バカにされました(笑)。

共用スペース After

頑張ってリフォームしたのがコチラ。

どうですか?ここまでキレイになりましたよ!

その後こうやって模様替えして、


そして今はこうなってます。オシャレにキレイになりました!

これならお客様も安心ですね!多くのお客様から「キレイ」「風通しがいい」「海の家みたい」とお世辞でも嬉しい言葉を頂いています。
そんなお客様たちにこの最初の画像見せたら、ドン引きされるんだろうなぁ。

リフォームの詳細

まず壁紙は全て剥がしました。結構大変でしたよ。剥がした壁紙のゴミで45リットルのゴミ袋がパンパンになった気がします。そして穴の開いている箇所などを石膏ボードで貼り換えたりパテで埋めたり補修し、その後ペンキで真っ白に塗りあげます。

窓枠などはブルーで塗り、海っぽさをイメージしたつもりです。

床のクッションフロアは掃除してそのまま再利用です。

キレイに掃除してきっちり色を塗れば、それだけでキレイな空間にリフォームできます!

和室についても同じです!きれいに色を塗り替えればオシャレになります!

2階和室(現4名ドミトリー) Before

これがリフォーム前の和室(現4人ドミトリー)です。


ミニ四駆のコースがありますね。これは数年前に私がミニ四駆にハマって、友人たちとレースをしていた物です。今はもう売却してありません!
この画像で見るとまあまあキレイに見えますが、実際にはこの緑の土壁は剥がれたり汚れたりで、このまま使用するのははばかられるような状況でした。

この土壁を何度も何度もペンキで塗って、柱を何度もキレイに磨き仕上げたのが今の4人ドミトリーです。

2階和室(現4名ドミトリー) After

こうなりました!これは最初、まだツインだった頃の和室です。昭和レトロ感満載!

で、こちらが洋室ツインです。お洒落な赤とブラウンの柱が気に入っていました。

このままでも良かったんですが、前にブログで書いたように6月の旅館業法改正を受け、この2部屋をぶち抜いてドミトリーに。

ゲストハウスのドミトリーは今後淘汰される?どころかゲストハウスが淘汰される?
これからはゲストハウスのドミトリーは厳しい? 先日twitterでチラッと見た中に、今後ドミトリーは厳しくなり、ツインの部屋が良いでしょう...

それがコチラ。

 
こんなにキレイになりました。

今となっちゃツインのままでも良かったな、なんて思いますが、このドミはこれで気に入ってたりします。パイプベッドのチープなドミだけど、悪くないと思いませんか?自己満足ですかね(笑)。

このように毎日黙々とリフォームを繰り返し、今の館山ウィールズゲストハウスになっていったワケでした!

0