どうせゲストハウスを潰すんだったら、お客様に何か返せないかな?

0

本邦初!ゲストハウスが潰れるまでを綴ったブログ(笑)

世間に開業ブログは数あれど、閉業までを綴るブログって無いんじゃないかと思って本日より閉業ブログを綴りたいと思います。

まぁ「閉店」「潰れる」なんて、普通ブログになんて書かないですからね。単純に恥ずかしいですから(笑)。

まず経済状態ですが、最初からゲストハウスは儲かってません。他の収入と合わせてなんとか営業してました。夏場は他の収入を上回るほど儲かりましたけど、その他の収入が不安定となり、今後の経営が不安になりました。
「なんかバイク乗りとかバックパッカーとかが集まる宿って楽しそう」、それだけでやってきたゲストハウスだったのです。実際楽しかった!それ一本で運営していければ良かったのですが、そうもいかなくなりました、と。

正直、マーケティングとかそういうの詳しくないんですが、今まで一人旅の方向けの宿泊施設が全くなかった南房総でゲストハウスを運営し、そういう一人旅の方の望んでいる事、傾向、動向、ニーズなんてのが分かってきて、今年の反省点などもあって、2年目はそれを踏まえてもっとお客様を呼べるかな、と思ってはいたんです。今でもそれは確信に近いまま、私の考えの中にあります。

市内に2件ほど新規でゲストハウスが出来るようですが、ライダーハウス的な性格も持つウチのゲストハウスとそれらの宿とはコンセプトがバッティングしないと思われるし、繁忙期はそれでもどこも満室にはなると思うので、競合とは言えそんなに不安視はしていなかったのです。むしろ頼りあえる面もあるから、そのうちオープンしたらご挨拶に、なんて考えてもいたくらいです。まさかその前にウチを閉めることになるとは(笑)。何か競争から逃げたみたいでかっこ悪いなぁ(笑)。

まだまだゲストハウスを続けたい気持ちもあります。ただ、何にしたってまず生活費を賄わなければならないわけで。ウチの規模、現状のゲストハウスではいかんせん辛くなってきました。ブッキングサイトを増やしたり、お客様がより使いやすいように設備を改修したり、もっと色々プロモーションやらリピーターの獲得やら頑張ってもうひと踏ん張り、という選択肢も無いわけではありませんが、金が無いと精神的な余裕も無くなる訳で、そうなると常にゲストとコミュニケーションを取る必要のあるゲストハウススタッフとして、接客面でもマズいと思いまして。私の「やる気」的な物も若干トーンダウンしていたりもして。一回仕切り直しかなぁ、と。

どうせ閉店するならば、お客様にお返ししたいけど

館山ウィールズゲストハウスの閉店は平成31年2月10日と決めました。以前1月末日とお伝えしましたが、どうせならまるまる1年営業して閉店とした方が切りが良いと思いまして。
保健所の担当の方ともお話して、今後についても目途がつきましたし、もう2月まで頑張るだけです!

ウチは借金があるわけでは無く、私も完全に無収入というわけでも無く、自宅と田んぼがある環境なのでとりあえず生きる分には困らないため、敢えて急いで潰す必要もないのでこんな悠長な事を言ってますが、それなら折角だから、潰す前に何かできないかな?と考えている次第です。

  • 1日(1泊?)ゲストハウスオーナー体験
  • 閉店キャンペーン(何かサービス?くじ引きなど?)
  • ウチが開業するまでに何をしたかを開業希望の方に伝える合宿
  • 地方の弱小ゲストハウスの現状を包み隠さず伝える合宿

何か今までお世話になったお客様にお返しできるような事をしたいのですが、こんな程度しか考えつきませんで。
やたらゲストハウス運営に絡む事ばかりですが、どうしても「宿泊」と絡めて考えると、結果こうなってしまいまして。
と言っても将来開業を考えている方などにもお越しいただいたので、私が開業までやった事をお伝えする事もできますし、「潰れていく現実」という、ウチしか伝えられない事を伝えられる機会かな、とも思いまして。開業セミナーは良く見かけますが、潰れていく様子を伝えてくれるセミナーとか画期的じゃないかな?なんて(笑)。反面教師として、みたいな。
有名なゲストハウスで、著名な講師に教わる事も勉強になるでしょうけど、グダグダの潰れていくゲストハウスの現状を見て、「俺だったらこうするのに」「私ならこんな事しない」「こうすれば儲かるのに」なんて色々考えられません?そんな意見に対して私からの意見をお伝えしていくなんてのも良いのかなぁ、なんて。しくじり先生ならぬ、しくじりゲストハウス(笑)。

どうですかね。今私が考え付くのはこの程度でして。私も頭が回りませんので、何か「こんなことやって欲しい」「こんな事教わりたい」なんて意見あったら、ぜひ教えていただきたいです!

0